福岡の注文住宅おすすめ施工業者まとめサイト
福岡の注文住宅おすすめ施工業者まとめサイト
福岡で注文住宅を建てる際に役立つ情報をご紹介

福岡の注文住宅の匠比較3選

タカノホーム
デザインの匠
タカノホーム
土地探し 対応
アフターメンテナンス 30年間
モデルハウス
イベント
創業年数 47年

公式HPを見る

施工事例を見る

安成工務店
エコハウスの匠
安成工務店
土地探し 要問合せ
アフターメンテナンス 2年~
モデルハウス
イベント
創業年数 68年

公式HPを見る

施工事例を見る

健康住宅
健康志向の匠
健康住宅
土地探し 対応
アフターメンテナンス 要問合せ
モデルハウス
イベント
創業年数 34年

公式HPを見る

施工事例を見る

狭小地に建てる家

念願の注文住宅…、でも、土地が狭い。だからと言って、落ち込む必要はありません。

アイディア次第で、優れたデザインと住み心地を実現することは、充分可能です。

狭小地に注文住宅を建てる場合の注意点や、成功のポイントを紹介していきましょう。

狭小の注文住宅は採光性がカギ

同じ広さの空間でも、採光性が高い方が明るく開放的な印象を受けるものです。

狭小住宅の場合は、特に採光を工夫することで、見た目の広さを感じさせることができます。

例えば天井を高くしたり、窓を大きくしたり、縦の空間を大きく見せることで、家の中が広く明るく感じられるようになるのです。

またそれぞれのスペースを壁やドアで区切るより、リビングダイニングなど、多用途の空間をレイアウトすることで、室内の陽当たりも全体的によくなります。

風通し良いレイアウトに

狭小住宅で間取りを細かくレイアウトしてしまうと、風通しが悪くなります。

快適さが損なわれるだけでなく、結露やカビの要因にもなるので、要注意。狭いからこそ、通気性に細心の配慮が必要となります。

例えば、吹き抜けをつくったり、オープン階段を採用するのがおすすめです。

収納にも独自の工夫を

延床面積が物理的に狭い家では、収納スペースにも工夫が必要です。

床下や小屋根など、縦の空間を有効活用しましょう。また、見せる収納を利用することで、広さを演出することができます。

狭小住宅は、限られたスペースで効率よく収納空間をつくる必要があります。

既製品を利用するより、設計段階できめ細かに作り付けの収納スペースを設けるのが正解なのです。

生活動線を工夫して開放感を重視

狭小住宅は見た目だけでなく、生活動線にも不都合が生じることが、多々あります。

上でも紹介していますが、リビングダイニングなど複数用途の空間を設けることで、動線もスムーズになるでしょう。