福岡の注文住宅おすすめ施工業者まとめサイト
福岡の注文住宅おすすめ施工業者まとめサイト
福岡で注文住宅を建てる際に役立つ情報をご紹介

福岡の注文住宅の匠比較3選

タカノホーム
デザインの匠
タカノホーム
土地探し 対応
アフターメンテナンス 30年間
モデルハウス
イベント
創業年数 47年

公式HPを見る

施工事例を見る

安成工務店
エコハウスの匠
安成工務店
土地探し 要問合せ
アフターメンテナンス 2年~
モデルハウス
イベント
創業年数 68年

公式HPを見る

施工事例を見る

健康住宅
健康志向の匠
健康住宅
土地探し 対応
アフターメンテナンス 要問合せ
モデルハウス
イベント
創業年数 34年

公式HPを見る

施工事例を見る

HOME » 注文住宅の基礎知識 » 福岡で注文住宅を建てる前に知っておきたい失敗事例

福岡で注文住宅を建てる前に知っておきたい失敗事例

注文住宅は、言い換えれば「オーダーメイドのマイホーム」です。

建売住宅とは違い、自由度が高いことで人気を集めていますが、一方で「ここはこうしておけばよかった……」と後悔するケースも少なくありません。

そこで今回は、福岡エリアで注文住宅を建てる前に知っておきたい、代表的な失敗事例をご紹介します。

 

 

 

ケース1:収納が少なすぎる

各部屋の広さにばかり目が行くと、収納スペースが狭くなりがちです。

思っているよりも荷物は多いもの。季節ものの暖房器具や布団、家族全員の洋服などを収納するには、ある程度のスペースが必要です。

スペースの小さい収納を数ばかり増やしても大きい荷物が入れられませんし、反対に大きな収納が一つだけあっても荷物の出し入れに不便を感じてしまいます。

適切なサイズの収納を複数つくるのがベターです。

ケース2:部屋が狭すぎる

夫婦の寝室やリビングを広くするために、他の部屋を狭くするというパターンで、これも後から失敗したと感じる事例の一つです。

重要なのは子供部屋の広さだといいます。子供部屋の広さは6畳にするのが一般的ですが、将来的に二つに分けるリフォームを考えているのであれば、狭すぎるといえます。

子どもの数を現在、将来と見据えた上で部屋の間取りを決める必要があるでしょう。

ケース3:造り付け家具が不必要になる

福岡エリアにも造り付け家具の注文を受け付けている業者は多数あります。

「家具を置かなくていいから部屋がスッキリする」と考えて造り付け家具を設置する方が多いようですが、実際に生活を始めてみると、通常の家具と違い後から移動することが難しいため、不便を感じるようになることもあるのだとか。

打ち合わせの段階でしっかりと専門家に相談することをおすすめします。

理想だけでなく実際の生活をイメージするのが大事!

マイホームづくりの際に大切なのは、理想だけでなく実際に生活を始めた時の様子を頭の中でイメージすることです。

具体的な失敗事例を知っておけば、そのイメージがよりしやすくなるといえるでしょう。また、適切なアドバイスをしてもらえる業者選びも慎重に行いましょう。